銀行カードローンと消費者金融の違いとは?

銀行のカードローンと消費者金融のどちらでも申込みをすれば審査があり審査に通過すれば、お金を借り入れる事ができますが、このふたつの大きな違いは、銀行のカードローンは総量規制対象外になっているので、年収の1/3以上の金額も借り入れる事が可能になっていますが、消費者金融の場合には、おまとめローンなどの特例以外は総量規制の対象になるので年収の1/3を超えた借入れはできない決まりになっています。
従って、収入のない専業主婦などの場合には、銀行のカードローンは配偶者に安定した収入があればという理由で申込みが可能な商品が多くなっていますが、消費者金融の場合には原則的に借り入れる事はできません。
大きな違いの理由である総量規制という決まりは、銀行と消費者金融が違う規則で営業をしているからです。銀行は銀行法に沿ってカードローンの規約をつくって審査や貸し出しを行っていますが、消費者金融は賃金業法に沿って営業を行っていて、総量規制のきまりは賃金業法の規則になっているからこのような現象が起こる事になっています。
銀行のカードローンと消費者金融のローンには、似たような流の審査がありますが、年収が基本になる消費者金融に対して、ソニー銀行カードローン口コミは収入よりも返済能力の方に重視した審査を行っている傾向があります。つまりある程度多くの年収のある自営業者よりも、安定した収入の見込める公務員などの方が審査の段階で有利になるといわれています。

アコムの無人契約機のある場所とキャッシングに関する体験談

インターネットを活用すればアコムのサイトから簡単に無人契約機の場所がわかります。はじめての契約のときに、アコムの方から店舗で契約することを勧められました。その時に身分証明書や在籍確認も済んで本審査も通過している段階で、なるたけ即日融資を受けたいことを伝えると、無人契約機であればすぐにカードを発行できると言われて足を運びました。その時にオペレーターの方から場所について説明を受けていましたので、こちらから探すようなことはせず、スムーズに向かうことができました。契約をするときは直接行くよりも、まずはアコムの方に申込をして、仮審査の結果を受けてから必要書類の確認をし、店舗に行くことをおすすめします。

無人契約機には誰も人がおらず、個室になることは知っていましたが、やはり緊張しました。明るく綺麗な部屋ですが、見渡すと隅々にカメラが配置されており、落ち着かない空間です。誰かに監視されていることがわかりましたので、見渡すこともやめてじっとしていました。本審査も終了している段階であり、5分くらいでカードは発行され、その場にあるATMを使ってキャッシングをして帰りました。オペレーターの方からアコムの店舗でカードを使えば、利用手数料が掛からないと言われて、それから店舗で利用をしています。消費者金融の店舗に行くのは抵抗がある方が多いようですが、あいにくわたしのところはとても人目に付かない場所にありますので、気兼ねなく利用しています。

早く完済するためにレイク返済方法を知る

レイク審査に通過してお金を借りた後のお話です。
レイク返済方法にはいくつか特徴があります。
自分の好きな日程を選ぶことができるということ。
口座振替も選ぶことができますがその場合には返済期日は毎月14日か27日から選択することができます。
給料日に合わせて返済期日を決めることができるのはうれしいところです。
通常であればいくつか選択肢の中から選ぶことになりますが、すっかり自分の希望を決めることができるというのであれば使いすぎによる返済困難や、うっかり忘れを防ぐことができます。

一度返済を忘れるとそれが癖になるものです。
まだ一度も返済を滞ったことがないというのであればそれを続けておきましょう。
返済を忘れるともしかしたら自宅や会社に連絡が来るかもしれない、怖い人が押しかけてくるかもしれない、そう考えている方がまだ自分の返済に対する気持ちを保ち続けることができるものです。
しかし実際には返済を忘れても怖い取り立てなどはありません。
それに味を占めてしまえばちょっとしたことが理由となり自分の返済の遅れを理由づけしてしまう癖が出かねませんので気を付けましょう。

また繰り上げ返済もできる限り行っていくことをお勧めします。
繰り上げ返済というのは必要額以上の金額を返済するということ。
これによって元金に割り当てられる返済額が増えますので利息として支払う部分を小さくすることができます。
一括返済もレイクであれば可能となっていますのでできるのであればそれを目指すとよいでしょう。

銀行カードローンの審査基準は厳しいのか?

銀行カードローンの審査基準は厳しいと言われていますが、アルバイトの人でもあっさりと審査に通ってしまうこともあります。いったい審査基準はどうなっているのでしょうか?

銀行カードローンの審査で見られるポイントは、クレジットカードや消費者金融の審査とほぼ同じです。すなわち、年収、勤務形態、勤続年数などが重視されます。年収は高いほど良いですが、安定性も重要になるようです。芸能人のように、一時的には高年収を得られるが、人気が落ちれば一気に収入が低下するような職業に就いている人は、不利になります。総合的には、公務員のような安定職に就いている人が有利になる傾向があります。

アルバイトの人は、年収、勤務形態、勤続年数の3つのポイントで、不利になる傾向があります。しかし、他社からの借入がゼロであり、過去に延滞をした記録もなく、クレジットカードの支払いなどを毎月期日を守って行っているという実績がある人は、50万円以下の無理のない金額なら借りられる傾向があります。賃貸に住んでいる人よりは、実家に住んでいる人のほうが家賃の負担がないため、有利になります。

銀行カードローンやカードローン おすすめでは、「過去1年以内に延滞をしていない人」といった条件がついていることもあるように、延滞には厳しいようです。こういった条件が公式ホームページに書かれていなくても、多くの人は延滞をせずに期日を守って支払いをしているため、1回でも延滞をしている人は審査落ちの確率を上げてしまうことになります。